top of page

​複雑な建物の系統図のインプットを手助けします。この系統図を作成することで,自身も理解を深めることが出来ます。

  • 執筆者の写真300 suemitsu

【光ケーブル vs UTPケーブル】あなたのネットワークに最適なのはどっち?

更新日:5月10日


はじめに


ネットワーク構築において、ケーブルの選定はデータ通信の基盤となる非常に重要な要素です。適切なケーブルを選択することは、ネットワークのパフォーマンス、信頼性、拡張性に大きな影響を与えます。


光ケーブルUTPケーブルの選択は、ネットワークの要件、予算、将来の拡張計画に基づいて慎重に行う必要があります。


適切なケーブルを選択することで、ネットワークは効率的かつ効果的に機能し、長期にわたって安定した通信を提供することができます。


どちらのケーブルもそれぞれの利点があり、使用環境や目的に応じて最適な選択をすることが重要です。


①とりあえず比較表を見てみよう



UTPコストや施工性で優秀ですが,耐久性や拡張性等の性能面で劣ります。


SWの数や,基幹拠点の配置によっては光配線を選択することで

総合的な費用を抑えられたり,ネットワーク設計が強固になります。


現場に応じた材料を選択しましょう!


②実際にシミュレーションしてみよう



                   条件

①AP(アクセスポイント)の配線はPoE給電とし,80M以内とする。

②建屋全体にWi-Fi敷設(電波範囲は20~25M)

③配線は直角水平とする

②-1 AP(アクセスポイント)を配置しよう。


建屋全体に電波が届くように配置してみる。

                    


APを4台設置することにします。


②-2 SWを配置しよう


T-01から各APに配線をしようとすると,[AP-02]が80Mの範囲から

はみ出てしまっています。T-02かT-03にSWを配置して距離の制約を解決しましょう。




建屋の中心にあるT-02と右上にあるT-03に実際に配置してみましょう!

(ピンクの配線が幹線)

距離の制約 ( UTP100M以内 ) より

T-02▶UTP配線

T-03▶ 光配線

を選択することになります。



 ②-2-1 T-02にSWを置く場合


80Mあれば幹線を敷設できます。また,配線はUTP配線で施工できるので安価です。

また,T-02からスター配線出来るので,構成がシンプルです。



 ②-2-2 T-03にSWを置く場合


130Mほどあれば敷設出来ますが材料は光ケーブルになります。

光配線はUTP配線より高価です。また,構成が複雑になっています。



 ②-2-3 まとめ


この現場で設定した条件下では,UTPケーブルを選択することが望ましいと思います。


私が設計するのであればT-02を拠点とし,スター配線でAPを設置します。



③まとめ


今回はUTPと光ケーブルの特性と使い分け方について触れてきました。


現場の条件次第で変わりますので,総合的に材料を選定する必要があります。


今回例ではUTPを選択しましたが,長距離伝送の必要な広大な現場では光ケーブルが選択されることもあります。


今の例の建屋が4棟あるケースはどうでしょうか?

お時間あれば設計してみてください!


図面の作成はマイクロソフト社のVISIOで作成しています。


弊社は現地調査から図面を作成して施工することが多いです。


図面の作成依頼などお気軽にご相談くださいませ。


                  \ここから!/



閲覧数:7回0件のコメント

Comments


bottom of page